ハラスメント防止研修

「それってもしかしてハラスメント?」
パワハラをしていると自覚ない人が大勢います!

企業で問題になっている様々なハラスメント。
多くの従業員さんは、
「何に気を付ければいいのか?」
「対策って具体的にはどうしたらよいのか?」
「悪気なく強く言ってしまったらどうしよう・・・」

多くの戸惑いの声が聞こえてきます。

2835971_s.jpg

代表的な3つのハラスメント

エアー・ハラスメント

無意識の言動や態度であっても、他者にストレスを与えることはいけません。

突然机をバンと叩く。書類を投げて渡す。ドアをバンと閉める。

真剣な会議中に周りが不愉快になるような発言などなど

セクシャル・ハラスメント

セクハラとは「性的嫌がらせ」のこと。
ある人は気にならなかったとしても、ある人はセクハラだと感じるかもしれません。

セクハラで訴えられる人の多くは「悪いことをしている」と思っておらず、「そのくらいいいじゃないか」とか「そんな小さなことで」とか「嫌がっていなかった」と言います。
ただし、本人が嫌がっていなければセクハラに該当しない場合もあります。
セクハラに該当するかどうかは相手との関係次第となるでしょう。
男性へのセクハラ、同性間のセクハラ問題が増えています!
男性から女性のセクハラだけではなく、女性から男性、男性から男性、女性から女性への、性的な嫌がらせや性的ないじめもセクハラになります。異性間だけではなく同性間においても問題になっているのです。


力関係を利用したセクハラ問題としては

  • 居酒屋等で、異性に「お酒注いでくれたっていいだろう」と、強要する

  • 上司が部下に「黙っていたら悪いようにはしない」と、強要する

  • 商取引で、利害関係を利用し強要する  等々

男性から女性に、女性から男性に言ってはいけない言葉がそれぞれあります。

パワーハラスメント

上司から部下へのいじめ・嫌がらせだけではなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。


パワハラになる言動としては

  • 部下から出た要望や提案を合理的な理由なく上司が握りつぶす。

  • 業務の指導と称して怒鳴ったり、根拠なく個人を誹謗中傷する。また、ものを叩いたり、投げつけたり、机を叩く等の威嚇を行う

  • 業務の指導の範疇を超えて、相手の人格を傷つけ、人権を侵害するような言動をとる  等々

言葉による暴力、実現不可能または困難な要求、仕事の妨害、コミュニケーションの遮断、過度にプライベートに立ち入ることも注意しましょう。

  • アカデミック・ハラスメント(アカハラ)

  • アルコール・ハラスメント(アルハラ)

  • エアー・ハラスメント(エアハラ)

  • エイジ・ハラスメント(エイハラ)

  • エイジシルバ・ハラスメント

  • エレクトロニック・ハラスメント(エレハラ)

  • 終われハラスメント(オワハラ)

  • 家事ハラスメント(カジハラ)

  • カスタマーハラスメント

  • カラオケ・ハラスメント(カラハラ)

  • キャンパス・ハラスメント

  • ケアハラスメント

  • ジェンダー・ハラスメント

  • 時短ハラスメント(ジタハラ)

  • スクール・ハラスメント(スクハラ)

  • スクールセクシャルハラスメント

  • スメル・ハラスメント

  • スモーク・ハラスメント(スモハラ)

  • セカンド・ハラスメント

  • セクシャル・ハラスメント(セクハラ)

  • ゼクシャル・ハラスメント(ゼクハラ)

  • ソーシャルメディア・ハラスメント(ソーハラ)

  • テクスチャル・ハラスメント

  • テクノロジー・ハラスメント(テクハラ)

  • ドクター・ハラスメント(ドクハラ)

  • ヌードルハラスメント(ヌーハラ)

  • ファミリーハラスメント(ファミハラ)

  • パーソナル・ハラスメント(パーハラ)

  • パタニティハラスメント(パタハラ)

  • ハラ・ハラ

  • パワーハラスメント(パワハラ)

  • フォトハラスメント(フォトハラ)

  • ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)

  • ペイシェント・ハラスメント(ペイハラ)

  • ペット・ハラスメント

  • マタニティハラスメント(マタハラ)

  • マリッジ・ハラスメント(マリハラ)

  • モラル・ハラスメント(モラハラ)

  • ラブ・ハラスメント(ラブハラ)

  • リストラ・ハラスメント

  • レイチェル・ハラスメント

  • レリジャス・ハラスメント(レリハラ)